何といっても「開口がスムーズに出来る」ということです。
 従来使用されてきた袋では、ハイスピードでインフレーションや製袋を行うと静電気が発生し
開口性を良くする為には、界面活性剤やスリップ剤等をブレンドするので、外側、つまり表面の
摩擦係数が低くなり、積み上げた場合の荷崩れが発生しやすくなっておりました。外表面を滑り
にくくすると製造ラインのスピードを極端に落とさないと開口不良や、それによって起きる充填
のトラブルなど、多数発生しておりました。そんな充填時の悩みや運送時の荷崩れ等をすべて解
消する為に誕生したのが、我社が自信をもって送り出す袋「アンチブロッキング袋」です。
 機能を簡単に説明致しますと、従来の製品に比較して外側表面の摩擦係数が高く、滑りにくい
為荷崩れによるトラブル防止にもなり、内面のみ適当に凹凸があるので、
     
開口性は超優秀!   同じ厚さで軽量!
自動充填機による仕事の流れが、よりスムーズになります。
   『従来品より大幅なコストダウン』
 素材はLLPE(リニア ローデン ポリエチレン)(C4、C6、C8)!
フィルムの内と外との表面平滑度を変えることは、多層フィルムや特殊
冷却方式しか出来ないといわれてきましたが、「設備費をかけず如何に
コストダウンできるか」へ挑戦し、日本ポリオレフィン(株)との共同
開発により冷却設備を増設したり大幅な改造等をせずに通常原料を使用
した一層フィルムでの実現に‘遂に’成功したのです。
厚さが同じなのに軽量化されるので我社における生産能力がアップし製
袋時における効率も改善され界面活性剤の減少、付帯設備も不要の為省
エネルギーになる、等当社比10%近の大幅コストダウンとなりまし
た。
アンチブロッキング袋をご使用戴ける企業の皆様へ…!
≪効率アップ≫≪コストダウン≫をお約束致します。